WEB・CD-ROM・DTPのサムクイックがお届けするコラムページ「私的事情」です。どうぞごゆるりとお楽しみください。
時田時蔵 1967.9.16 B
怒涛のSKA ROCK BAND "AFRO DIAMNONDS"に所属。
昨今の「B型は嫌われる」という評価を密かに気にするB型おとめ座。
兄貴風トロンボーン修行中、未だロマンチックがとまらない男。
お問合せ・ご感想
私的事情トップページ
サムクイックトップページ

最新のコラム


No.009「やれば出来る子ぉですもの」の巻
No.008 す、すまん2005
No.007 弁慶とチキンはいんじゃねーか?の巻
No.006 チーボーに失禁寸前!の巻
No.005 え?40円っすか?の巻
No.004 桜木町ぴおシティを知ってるかい?の巻
No.003 転校生、デブカツと対峙するの巻
No.002 人生の晴れ舞台なのか?の巻
No.001 純粋少年、殻を破る!の巻
[最新のコラム]
  
最新のコラム


No.001 純粋少年、殻を破る!の巻
 コラムか...さて何を書こう?
なんて思ってたら、いつの間にかむかしむかしの事など思い出した。

 物心ついてから、ガッコで作文や読書感想文など多々書かされてはきたけど、なかでも一番思い出すのは、小学校時分に「物語」を作ってきましょうみたいなのがあったな。
頑張ってひねり出したのが、なぜか「道を歩く女子に"ヘイヘーイ!カノジョーどこ行くのぅ〜ん?"って声かけて、振り向いたらなんと母親だった」みたいなストーリーだった。「ゲゲッー!」みたいな台詞で終わり。

....いや、「ガチョーン!」だったかも。

しかもその後、女子諸君に「えー、なんか金さん(当時私はこう呼ばれていた)いやらし〜!」みたいな事言われてヒドイ目に...。せつねーなー、ただちょっぴりウケるかと思っただけだったのに。ありゃー傷ついたな、よくは思い出せないけど。

 もうひとつは「ナスカンダル星からの襲来」とかいうやつ。こちらもウケようウケようとして失敗に終わったパターンだった。タイトルと、なんだか煮詰まりながら書いた記憶だけはあるけど、内容は一切思い出せないな。

 この2大作品で終わったね。以来心の断筆宣言をし今に至るわけだが、今回はちょっと頑張って書いてみようかなと。やっぱりね、ある程度「素顔」をさらして生きていこうかななんて。これからはさ。

 全国の内気で純粋な少年少女の皆さん、おいちゃんだって子供の頃は内気な少年だったんだぜ。ただし、内股ではなかった。

 いくつになってからでもイイんじゃん。
純粋少年、殻を破る!の巻、ウエルカム40、だぜ。

【時田的調査資料】

コラム
(1)新聞や雑誌で、短い評論などを載せる欄。また、その記事。罫で囲まれることが多い。
(2)古代ギリシャ・ローマ建築の石の円柱。

って書いてありました。う〜んそうだったのか。

【お知らせ】
・7/18 新宿WALL 「AFRO DIAMONDS」ライブ 詳細
・7/25 下北沢BASEMENTBAR 「AFRO DIAMONDS」ライブ 詳細
2004年7月8日(木) No.1

Page/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
[TOP]
私的事情TOP
001980
shiromuku(n)DIARY version 1.30