WEB・CD-ROM・DTPのサムクイックがお届けするコラムページ「私的事情」です。
どうぞごゆるりとお楽しみください。
モリヤアズサ 1974.2.26
2月26日生まれということもあってか、
周囲にも自分にも事件(?)が多い人生。
そんな中、7月4日(米国独立記念日)に娘を授かる。
次は5月15日あたりにナニかが 生まれるのかしらとドキドキする30歳。
お問合せ
私的事情トップページ
サムクイックトップページ

最新のコラム


Vol.007 〜台風夜 その3〜
Vol.006 〜台風夜 その2〜
Vol.005 〜台風夜 その1〜
Vol.004 〜彼女のベランダ〜
Vol.003 〜蝶々ひらひら〜
Vol.002 〜カミナリ鳴鳴〜
Vol.001 〜お散歩ららら〜
[最新のコラム]
  
最新のコラム


Vol.001 〜お散歩ららら〜
子供というのはよくしゃがむ。しかも突然。

大抵の子供がそうするように
彼女もまた突然何かを思い出したみたいにしゃがむ。
ちいさな膝の上にちいさな胸と手とをくっつけて
ごくたまにしか見せない真剣な顔でじぃっと地面を覗き込んで
「あっ!」とか言いながら指さしたりする。

大人だったらきっとかなりクレイジーだろうなあと
ふと隣にいる夫を見上げ想像して笑ってしまった。
でも2歳の子供だとなんとも微笑ましかったりして
つい、一緒に覗き込んだりしてしまうものだ。 

そこで目にするモノはかなりのロマンチストでない限り
目がキラキラするようなモノではない。大人なら。だけど。
子供の目はすごいスピードでキラキラを増して行く。

そこにはアリやダンゴムシなんかの小さな虫やら
綺麗な色の花やら貝殻なんかが在るのだけれど
そのだれもが彼女にとっては良き友人であり
見つめるその目は彼等をしっかり観察し解ろうとしている。

そしていつの間にか彼女の周りに小宇宙が出来る。
そうなると大人にはもうお手上げだ。
そろそろ行こうかと優しく声をかけ
その場を立ち去ろうとする我々を非難の顔で見上げ
まだこの小宇宙を見ていたいとばかりに首を振る。
やれやれ。そんな目でこっちを見ないで。
まいったな。分かった分かった。

今日は彼女の勝利だな。まあ仕方がない。
小宇宙にすこしだけ付き合ってみるとしようかな。
とか言いながら実はちょっぴり嬉しい夕暮れなのだった。

2004年7月12日(月) No.4


No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
[TOP]
私的事情TOP
004584
shiromuku(n)DIARY version 1.30